キャブレターオーバーホール4(組立・後編)【VTR250レストアpart10】

ヤフオクで買った直後に壊れたVTR250(W、初期型)の修理記録その10。

今回はキャブ組み立ての続きからです。

前回:キャブレターオーバーホール3(組立・前編)【VTR250レストアpart9】

磨いてみた

前後キャブを結合する前に一つ作業を。キャブの外側がくすんでいて汚いのでピカールとフェルトホイールを使って磨く。


Amazon:ピカール

↓いろんなサイズ・形のものを買ってみた。

↓電動ドリルに装着。

↓ピカールを塗り磨く。

多少くすみは取れたが、期待していたほど綺麗にはならなかった。

見た目が汚いのは汚れが付着しているというよりアルミの腐食が原因のように思う。ピカピカにしようと思ったらサンドブラストを利用するしかないかもしれない。

ブラストは持っていないのでこの辺りで妥協。組み立てに戻る。

燃料ホース

燃料ホース(フューエルチューブ)ジョイント部分のOリングを交換。これもガスケットセット(16010-KCR-900)に含まれている。

次にホース本体も交換。社外品(キジマ)を使用。

内径8mm×外径12mmのものが使えた。

ホース付属のホースクリップが緩かったのでキタコの12Φを使用。左が付属、右がキタコ。

↓交換前の古いホースはカチカチ。抜くのが大変。

↓新品ホースを適当な長さにカットして付け替えた。

↓取り付けるとこんな感じ。

参考:純正部品

社外品のホースを利用したが、純正で交換する場合以下の品番になる。なお、今回整備したW(初期型)の部品のみ記載。Y以降のモデルは一部部品が異なるようなので注意。

(38)フューエルチューブ:16198-KFK-000 ←見積もりしてみたが注文不可(廃番?)だった。16198-KFK-710で代用できるというネット情報あり。

(39)チューブ:16199-KY6-004

(46)フューエルチューブ 7.3×40:95001-75040-40 ←これも注文不可。バルクチューブ:95001-75001-60M として1m単位で購入することは可能。

(47)クリップ(B12):95002-02129 ← 5個必要

※2020年11月時点での情報です。

リンクレバー

前後キャブをつなぐリンクレバーを取り付ける。接続部には3種類のワッシャーが使われていて取り付ける順番が決まっている。

何も考えず外したので順番が分からなくなったがネットに書いてあった。

レバーに穴が空いている側の順番

一番下(内側)が樹脂製の割れ目があるワッシャー。その上がレバー、樹脂ワッシャー(割れ目なし)、一番上(外側)が金属ワッシャーらしい。

レバーから棒が出ている側

下から、レバー、割れ、本体側の部品(穴)、樹脂、金属の順番。

ワッシャーは劣化していたけどレバーとセットでしか買えないようなので使い回した。グリスを塗っておく。樹脂製なのでシリコングリスあたりがいいのかなと思う。

サービスマニュアルにはグリスの種類から組み方まで全部書いてあるのだろうけど、あまりにも高いので買わない。ネットオークション等で中古が1万円以上もする。

最後に割りピン

純正割りピンはバラで買えずサイズも不明なので、ネットに使用報告のあった「βピン」というやつを使ってみた。

サイズは4mm。K-CON:キタココンビニパーツ。

Amazon:キタコ(KITACO) β(ベータ)ピン(4mm用) 汎用 5個入り ステンレス 0900-995-70004

ホースとリンクレバーを取り付けたら前後キャブをネジで固定する。

エアクリーナーベース

結合した前後キャブの上に皿状の部品(エアクリーナーベース)を取り付ける。上の写真の黒いホース2本は先につけておいたほうが楽。

皿とキャブの間にはノックピンが4つあるので全部忘れず付ける。下の写真の矢印に付いているやつ。丸の部分4箇所に付ける。

皿の上のエアーファンネルはラバープロテクタントを吹いて再利用。それぞれ長さが違うので取り付け注意。


Amazon:KURE(呉工業) ラバープロテクタント (300ml) ゴム製パーツ保護剤 [ 品番 ] 1036 [HTRC2.1]

向きもある。穴の位置を下と合わせる。

金色のパーツ(タングドワッシャー)を置いて上からネジを締め、ツメを曲げたら完了。

キャブ単体の整備はこれで終わりです。

次回:キャブの取り付けとエンジン始動確認【VTR250レストアpart11】

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク