【消し忘れ防止】ウインカーブザー取り付け【YB125SPカスタム】

YB125SPのウィンカーは点滅中も音が出ません。一応メーターのランプがピカピカ光るけど、目立たないので稀に消し忘れてしまうことがあります。

そこで安全のためウィンカー連動のブザーを取り付けることにしました。

※おことわり:電気配線を弄るので作業を誤ると電装品の故障や火災を招きます。自信が無い場合は詳しい方の指導を受けるか、頼んでやってもらうことをおすすめします。

当記事を参考に作業を行い、いかなる損害が生じましても、当サイトおよび筆者は責任を負いかねます。自己責任でお願いします。

ホンダ純正ブザーを使用

使用したのは、ホンダ純正のブザーCOMP.エレクトロン(38401-GC8-004)というやつ。ピッ!ピッ!ピッ!ピッ!と電子音がする。鋭い音でちょっと耳障り。あんまり好きな音ではないけれど消去法でこれになった。

原付スクーターに付いているようなカチカチ音の機械式も検討したけれど、音が小さくハンドル近くに取り付けないと聞こえないこと、ウィンカーリレーと一体化していて使い勝手が悪いこと、電子音に比べ電気を食うことが分かったので却下。

他にはパーツメーカーから出ているブザーがあるけど好きな音が無かった。個人的には電子音のブザーが中ではホンダのコレが一番マシだった。カスタム素材としてよく使われているようでネット情報も多い。

ちなみに純正部品はバイク店に行かなくてもwebikeやモノタロウで注文可能。税込み3000円くらい。この部品は楽天やアマゾンにも出品されていた。

意外にもMADE IN JAPAN。タイやインドネシアで作ってるものと思っていた。

配線について

ブザーを袋から出した。黒い円柱形ブザーがあってそこからケーブルが3本出ている。

このうちオレンジと水色の線はプラス側に繋ぐ。緑線はバッテリーのマイナス側、ボディアースへ。オレンジと水色のどちらかに電気が流れるとブザー音が鳴る仕組み。

一方を右ウィンカー配線、もう一方を左ウィンカーの配線に繋ぐことで、左右それぞれのウィンカー操作と連動して音が鳴るようにできる。

今回はリアウィンカーの配線に割り込ませる。(ブザー本体はシート下吸気口付近に設置。)なお、フロントウィンカー配線に付けヘッドライトケース等に仕込む方法もあるようだ。

オレンジと水色は逆でも可。

ブザーから出ている緑線を左後ウィンカーのマイナス線と接続しているが、右ウィンカーのマイナス線でも良い。また、クワ型端子と接続して直接ボディアースに繋ぐのも有効。そちらが正式な方法のような気もする。

実際の作業

リアウィンカーの配線はシート下に入っているのでシートを外す必要がある。両側のサイドカバーを取ってから二箇所のボルトを外し、シート本体を少し前に動かしてやると外れる。ツメがあるので無理やり上に引き上げても外れない。

バッテリーから来た線とリアウィンカーの線はギボシで接続されている。それを分割し間に新しい配線を挟み込む。

以前、リアウィンカーの交換・移設をした際このギボシがなかなか外れず、仕方ないので透明なカバーを割って外した。下の写真ではむき出しになっているが、防水、絶縁のためカバーや絶縁テープを巻く必要がある。

緑線と茶線のギボシを外し、Y型接続端子を取り付ける。

既存のものを購入したが自作も可能。ダブルギボシで作った下のようなのも使える。

上にも書いたが、安全のためギボシを差し込んでからチューブと絶縁テープで覆った。

ブザーと接続。

下の図のように取り付けた。

ウィンカー音の感想

ブザーはシート下に隠れているのだが意外と大きい音がする。エンジン音にもかき消されず、ヘルメット越しにもピッ!ピッ!ピッ!がしっかり聞こえてくる。

静かな道で信号待ちをしていると若干うるさく感じるほど。これでウィンカーの消し忘れは無くなるだろう。でも、あんまり耳に優しい音ではないなぁと思う。

近未来的で無機質すぎる。カチカチ音のほうがレトロな感じで温かみがあって素敵。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク